YUSANBAKOプロジェクト  

遊山箱を守り、伝え、つなげる

私たちは、遊山箱の文化を保存しながら、遊山箱の使い方やイベントなど遊山箱の愛好者団体である『遊山箱文化保存協会』の準備・運営の業務を円滑に進め、参加者相互の親睦を深めるための活動を行うことを目的とする団体です。

s-yusan_5-800x599.jpg 83a76367-d0eb-4243-90ae-f526e0f8aed0.jpg 185034609_808731053415640_5862343476774762219_n.jpg 183876628_485554429431617_3781615665040527720_n.jpg

ABOUT YUSANBAKO  

遊山箱(ゆさんばこ)について

 

遊山。聞いてるだけで、心がウキウキしてくる響き。吉野川流域を取材していると、『子どもの頃、よう吉野川に遊山に行ったよ。遊山に巻き寿司とか、ようかんとかいっぱい入れてな。たのしかった』という思い出話を伺うことが、多くあります。 このお弁当を持って、山や海に出かけるという遊山とは、もともと春の農業の始まりの時期を控え、田の神を迎える祭りだったと考えられています。と庄武さん。3月の節供前後に遊山の風習は全国的にあったとみられてますが、徳島でよく聞かれるのが、旧の3月3日だけでなく、3月4日を『シカノアクニチ』と呼んで仕事を休み、遊山をして過ごすというのは、徳島と岡山に伝わっていることが報告されており、全国的にみても特徴的な風習だそう。
これは、3月3日などの主要な節供の翌日は、仕事を休み、身体を慎む日とされていたことからだそうです。シカノアクニチという名前は、大滝山(現在の徳島市眉山町大滝山)に遊びに行き、どこも人であふれ、大滝山にいる鹿にとっての悪日、鹿の悪日であるとか、3月3日の遊びを徹底させるから、四日の飽日であるとか言われていますが、本当のことはよくわかっていないそうです。遊山箱の風習は、文化3年(1813)年頃から、幕府に命を受けて、国学者 屋代弘賢(やしろひろたか)が年中行事や、冠婚葬祭などについて諸国に送った質問状『諸国風俗問状(しょこくふうぞくといじょう)の答えである『阿波国風俗問状答 市中歳節記』(筆者不明・年代不明)の3日ひなまつりの事に、
此の日、男女子供、べん当を持たせ、船にて、汐干に遊び、山にたわむれ申候
との記録が残っており、この頃には、遊山の風習があったという事になる。遊山は、もともと、野遊び、磯遊びということだけではなく、自分たちの暮らしにとって、重要な田を神として敬い、大切にしていたまつりごとであったこと、江戸時代からその風習があったということを知ることができる。人々は季節の移り変わりを肌で感じ、季節ごとの行事をとても、大切にしていたことが伺えます。
引用:遊山箱とは:徳島県立博物館:学芸員(庄武憲子氏)

PHILOSOPHY

『何もなかったけどとても幸せだった』
という母の想いをつなげたい


テーブルコーディネートスタジオ オンザテーブル
主宰 島内陽子


「何も無かったけど、あのころが一番楽しかった」母は何度も幼い頃の想い出を、遊山箱を持って山を駆けまわった事を、そう話してくれます。今は途絶えてしまったその素敵な行事。それは徳島にしかない貴重な文化です。

そんな遊山箱の文化を今の時代に合った形で伝えていける場を作りたい。
ともに伝えていくコミュニティーを作りたい。
様々な分野の方が集い、遊山箱を通じてつながり、遊山箱を通じて食や文化を発信し、徳島の新たなYUSANBAKOブランドを構築できたら、との思いで第1歩を踏み出しました。もし共感していただけましたら、一人でも多くの方に遊山箱をのこし、つたえ、つながる活動にご参加いただければ幸いです。

SERVICE

活動をご案内しています


 

地域食材をテーマに

生産者と消費者を直接つなぐ場を提供

徳島にしかない遊山箱の行事は多くの人の心に残る、他県に誇れる文化である。遊山箱をのこすため、今の時代や暮らしに活かすシステムを作ることが必要だと考えた。遊山箱の背景にある文化や食の在り方を守る、つたえる。オンリーワン徳島の食・文化を発信する場を作り、「食べる」意味を共に考え人と人をつなげていきたい。


 

遊山箱をアップデートするために

現代風にアレンジ

徳島のオンリーワンの食材や文化を未来へ『のこし・つたえ・つながる』という仕組みを提案。
徳島文化を発信するツール(=遊山箱)とし、
①遊山箱を使うための機会・場(スタジオ)での学びと体験のイベントの提供
②学習意欲・購買意欲が高いアクティブなコミュニティが集うBtoCの醸成。


 

遊山箱プランの作成(作成中)

遊山箱の楽しみ方を提案します

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

WORKS

これまでの事例

 

Instagram  

ハッシュタグ#遊山箱文化保存協会

OUR TEAM

協会について  

遊山箱の文化を繋ぎ、伝える。  

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
 

徳島の文化を繋ぐために、遊山箱をさまざまなシーンで提案しています

 

代表者

島内 陽子

設立

2018年

所在地

〒000-0000  徳島県徳島市南昭和町1-39-1

連絡先

TEL:088-625-3099 FAX: 088-625-2529(代表電話)

mail:yusanbako.tokushima@gmail.com

会員数

30名

事業内容

文化継承の提案
遊山箱貸し出し
イベント

BLOG  

遊山箱文化保存協会公式note

Contact

お問い合わせ